資格取得方法【1】

認定試験に必要な単位を取得し資格を取得する方法

資格取得方法1イメージ

本機構が認定した「大学院・大学・短期大学等」で必要な単位を取得し、認定試験に合格した者に与えられます。

上級デジタル・アーキビスト

  • 資格取得方法
    認定養成機関(大学院)で必要な単位の取得及び修士論文(デジタルアーカイブ関係)
  • 必要単位
    20単位:必須科目12単位+選択科目8単位

デジタル・アーキビスト

  • 資格取得方法
    認定養成機関(大学)で必要な単位の取得及び当機構が行う認定試験
  • 必要単位(新カリキュラム:2020年10月2日改定)
    32単位:必須科目12単位+選択分野20単位
    選択分野については、選択した分野の資格取得もしくは、専門単位の取得を条件とする(各機関で設定)
  • 必要単位(旧カリキュラム)
    【養成機関の方へ】当面は旧カリキュラムも可能ですが、順次新カリキュラムへ移行してください。
    必須科目10単位+選択科目2単位以上+選択分野
    選択分野については、選択した分野の資格取得もしくは、専門単位の取得を条件とする(各機関で設定)

準デジタル・アーキビスト

  • 資格取得方法
    認定養成機関(大学、短大)で必要な単位の取得及び当機構が行う認定試験

資格取得方法【2】

講習会を受講し資格を取得する方法

本機構が認定した「認定養成機関」が開催する講習会を受講し、認定試験に合格した者に与えられます。

デジタル・アーキビスト

<短期デジタル・アーキビスト資格取得講習会>

  • 資格取得方法
    5日間の授業(またはオンライン講習会)および在宅での学習の後、認定養成機構の行う認定試験に合格した者に与えられる。
取得方法2図
  • 受講対象
  1. 準デジタル・アーキビスト資格取得者で、大学を卒業し、3年以上の社会経験を有する者
  2. 準デジタル・アーキビスト資格取得者で、短大または専門学校を卒業し、5年以上の社会経験を有する者
  3. その他認定養成機関が認めた者 ※審査有り

準デジタル・アーキビスト

  • 資格取得方法
    2日間(社会人対象は1日コースもあり)の授業(またはオンライン講習会)を受講し、認定養成機構の行う認定試験に合格した者に与えられる。

デジタルアーカイブクリエータ

  • 資格取得方法
    2日間の講習会(社会人対象は1日コースもあり)を受講した者に与えられる。

講習会の受講方法

講習会および試験は認定養成機関が実施計画を立て、募集等を行います。受講を希望される方は、各認定養成機関にお申込みください。また、開催場所や費用、講座の内容等の詳細は各養成機関にご確認ください。

試験料

資格取得の際にかかる認定試験料金は、以下の金額となります。

資 格認定試験料金
上級デジタル・アーキビスト20,000円
デジタル・アーキビスト10,000円
準デジタル・アーキビスト6,000円
デジタルアーカイブクリエータ5,000円

※講習会は、試験料のほかに受講料が発生します。(金額は認定養成機関で異なります。詳細は認定養成機関にご確認ください。)

<受講料の目安>

デジタル・アーキビスト:100,000円程度
準デジタル・アーキビスト:15,000円程度

授業内容

上級デジタル・アーキビスト

  • 必要単位
    20単位:必須科目12単位+選択科目8単位

デジタル・アーキビスト

  • 必要単位(新カリキュラム:2020年10月2日改定)
    32単位:必須科目12単位+選択分野20単位
    選択分野については、選択した分野の資格取得もしくは、専門単位の取得を条件とする(各機関で設定)

【必須科目】
デジタルアーカイブ概論、デジタルアーカイブ文化・メディア論、デジタルアーカイブ対象選定・権利処理、デジタル保存・管理技術、デジタルアーカイブ経営論、デジタルアーカイブ政策論
【選択分野】
デジタルアーカイブと教育、デジタルアーカイブと博物館、デジタルアーカイブと図書館、デジタルアーカイブと産業、デジタルアーカイブと自治体、デジタルアーカイブ専門職技能

  • 必要単位(旧カリキュラム)※順次新カリキュラムへ移行してください。
    必須科目10単位+選択科目2単位以上+選択分野
    選択分野については、選択した分野の資格取得もしくは、専門単位の取得を条件とする(各機関で設定)

【必須科目】
デジタルアーカイブ文化論、デジタルアーカイブメディア論、計画と資料の収集、デジタルアーカイブ選定評価、保存とメタデータ
【選択科目】
デジタルアーカイブ実践、デジタルアーカイブ活用と評価
【選択分野】
デジタルアーカイブと教育、デジタルアーカイブと博物館、デジタルアーカイブと図書館、デジタルアーカイブ活用と観光、デジタルアーカイブと提示、デジタルアーカイブと収集

準デジタル・アーキビスト

デジタルアーカイブとは、デジタルアーカイブ作成のプロセスとデジタル・アーキビストの活動、法的理解と情報倫理(著作権、プライバシー等の資料の選定・評価)、資料の記録(撮影の基礎知識等)、資料の保存(データの保存等)、資料の管理(データベース、データの登録、データの検索等)、デジタルアーカイブの利用

デジタルアーカイブクリエータ

デジタルアーカイブとは、デジタルアーカイブ作成のプロセス、資料の記録(撮影の基礎知識、インタビュー技法等) 、資料の登録・保存・管理・流通、ガイドラインの事例(知的財産権・肖像権に関する基本的な知識等)