Digital Archivist   デジタル・アーキビスト資格

https://jdaa.jp/

重要なお知らせ


11/23 第13回デジタルアーカイブ研究会 参加者募集

デジタルアーカイブ開発・振興および研究・情報交流の場として、理論、人材養成、地域・コミュニティーアーカイブなどの実践研究に関する研究会が下記の通り開催されます。
※テレビ会議ZOOMを使い全国から参加できます。


ダウンロード


<主催>
デジタルアーカイブ学会人材養成部会・コミュニティーアーカイブ部会
日本教育情報学会デジタルアーカイブ研究会・著作権等研究会
岐阜女子大学デジタルアーカイブ研究所

<開催日時>
2019年11月23日(土・祝) 13:00~17:15(予定)
 13:00~14:00 キーノートスピーカー 国立国会図書館職員(予定) 
  地域のデジタルアーカイブをどのようにジャパンサーチとリンクさせるか
 14:15~17:15 一般発表
※ZOOM参加者の方へは12:45からZOOM上で接続についてのご説明をします。

<会場>
岐阜女子大学 文化情報研究センター
(岐阜県岐阜市明徳町10番地 杉山ビル)

<発表内容>
1.デジタルアーカイブの基礎理論研究について
2.デジタルアーカイブの実践研究について
3.デジタルアーカイブの人材養成について
4.地域・コミュニティーアーカイブの振興について
5.ジャパンサーチの活用とジャパンサーチとのリンクについて  等

<発表者>
本研究会はデジタルアーカイブ学会、日本教育情報学会会員のみならず、デジタルアーカイブ研究を行っている非会員の方も発表できます。
また、発表後に「岐阜女子大学 デジタルアーカイブ研究報告(査読あり)」への投稿を依頼する場合があります。

<発表申込締切日>
2019年11月5日(火)
発表申込書に必要事項を記入して、FAXまたはメールで下記の申込先までお送りください。

<発表原稿締切日>
2019年11月15日(金)
 執筆要領:デジタルアーカイブ研究会の書式に準拠 
      ページ数:A4版 4ぺージ~12ページ(偶数ページ)
      ※原稿を郵送または、メールで下記まで提出してください。

<参加費>
発表、聴講いずれも無料

<聴講申込>
メールで下記の申込先へご連絡ください。
(記載事項)①氏名②所属③メールアドレス④参加方法(来場かZOOM)

<申込・問合せ先>
デジタルアーカイブ研究会 研究会実施事務局(担当:井上、細川)
〒500-8813 岐阜県岐阜市明徳町10番地 杉山ビル4階
      岐阜女子大学 文化情報研究センター内 
  TEL 058-267-5301(NPO法人日本デジタル・アーキビスト資格認定機構)
  FAX 058-267-5238
  E-mail  dara.jimu@gmail.com



メールによる情報配信の開始について

これまで有資格者の方へ郵送にてニュースレターを送付しておりましたが、より即時性の高い情報をお届けするため、今後はメールによる情報配信「デジタル・アーキビスト関連情報メール(DA情報メール)」へ切り替えます。
なお、このメールはどなたでも登録可能です。
メールの受取を希望する場合は下記のリンクより設定を行ってください。

DA情報メール



上級デジタル・アーキビスト資格取得の課程履修コース開設

大学院における上級デジタル・アーキビスト資格取得に関わる制度変更に伴い、岐阜女子大学大学院で上級デジタル・アーキビスト資格取得の課程履修コースが開設することになりました。

詳細・お問合せ先は下記Webサイトをご覧ください。

  岐阜女子大学

  HOME>大学院案内>大学院からのお知らせ

  https://www.gijodai.jp/graduate/info/2018/11/291520.html



大学院における上級デジタル・アーキビスト資格取得に関わる制度変更

これまで、大学院にて上級デジタル・アーキビスト資格を取得するには、養成が認定された機関において必要単位を修得し修了する必要がありました。

しかし、2018年11月23日に開かれた資格検討委員会の決定により、大学院において上級デジタル・アーキビストの資格取得に関係する科目等を修得することで資格の取得が可能となりました。



上級デジタル・アーキビストへの上進に関わる制度変更

上級デジタル・アーキビスト資格は、主に大学院において必要単位を修得することで取得することができます。
また、デジタル・アーキビスト資格を持ち、かつデジタルアーカイブ関係業務に従事している方を対象に、上級デジタル・アーキビスト資格を取得する方法があります。
しかし、その内容において大学院卒業の場合との質・量の内容について大きな格差があることから疑義が呈されていました。
そこで、質・量の格差を是正するため、2018年11月23日に資格検討委員会が開催され、上級デジタル・アーキビストへの上進に関わる制度が変更になりました。
変更点は下記の通りです。
なお、受講対象者(デジタル・アーキビスト資格取得後5年を経過し、デジタルアーカイブ関係業務に従事している者)及び資格認定料(手続き費用)20,000円は従来通りです。

2019年1月1日以降に適用
1.検定費用
 20,000円

2.検定実施内容
・デジタルアーカイブに関する学会(デジタルアーカイブ学会、日本教育情報学会、デジタルアーカイブ研究会のいずれか)で発表し、レジュメとパワーポイントの提出
・課題レポート2題(各2,400字以上)
  課題① 今後のデジタルアーカイブの在り方と展望についての考察
  課題② 現在従事している業務や職場におけるデジタルアーカイブの活用状況と今後取り組んでいきたいと考える内容