Digital Archivist   デジタル・アーキビスト資格

http://jdaa.jp/

重要なお知らせ


総会・理事会で新役員が選任されました。

前任の理事の1名が退任され、2016年5月20日に行われた社員総会・理事会にて、新役員が選任されました。

退任された前任の理事(2016年5月20日付)
理 事: 長山 芳幸

新たに下記の方々が理事・監事に就任されました。(2016年5月20日付)
理 事: 齊藤 昌典(凸版印刷株式会社西日本事業本部関西情報コミュニケーション事業部取締役事業部長



総会・理事会で新役員が選任されました。

前任の理事・監事の3名が退任され、2015年5月28日に行われた社員総会・理事会にて、新役員が選任されました。

退任された前任の理事・監事(2015年5月28日付)
理事:菱村 幸彦
理事:若山 皖一郎
監事:浅野 孝明

新たに下記の方々が理事・監事に就任されました。(2015年5月28日付)
理 事: 長山 芳幸 ( 凸版印刷(株)西日本事業本部専務取締役事業本部長 )
理 事: 和田 正人 ( 白川郷 和田家当主 )
監 事: 安藤 久夫 ( NPO法人日本アーカイブ協会理事長 )



第2回 木田宏教育資料研究会

■『第2回 木田宏教育資料研究会 今後の教科書と教育委員会制度のあり方』

戦後の教育委員会、教科書制度について文部省で担当された木田宏先生の資料から検討し、今後の方向性を考える研究会を開催いたします。ぜひご参加ください。

■日時:平成26年5月18日(日)10時~16時00分(受付 9時30分~)

■場所:岐阜女子大学 文化情報研究センター(岐阜市明徳町10番地杉山ビル4階)

■内容:

   午前 「教育委員会制度を考える」

    講演:早川信夫氏(NHK解説委員)本田正人氏(国立教育政策研究所・総括研究官)

   午後 「新しい教材・教科書を求めて」

    講演:生田孝至氏(岐阜女子大学大学院教授・図書館長)

       井口磯夫氏(十文字学園女子大学名誉教授)

    パネルディスカッション

     パネリスト:生田氏 井口氏、伊勢呂裕史氏((公財)教科書研究センター)、

                                久世均氏(岐阜女子大学教授) 他

    「現在の教科書制度と今後のあり方~木田宏オーラルヒストリーから見た過去から未来に向けて~」

※詳しくはこちらからご覧ください



書籍『デジタルアーカイブ入門』のお知らせ

■書籍『デジタルアーカイブ入門』のお知らせ

デジタルーカイブの最新研究の成果が出版されました。
デジタルアーキビスト養成が始まり8年が経過しました。その間、デジタルアーカイブ研究が進展し、どのようなデータを選定評価し対象とする方法、適切なデジタル資料の長期短期の保存方法、利用者のニーズに応じたデジタルアーカイブの活用・提示などが明らかになってきました。
本書は、最新の研究成果を、デジタルアーキビストの基本資料として活用いただくよう取りまとめたものです。図書館、博物館、文書館、学校、観光等で広く実践的に利用していただければ幸いです。

■編集・監修:後藤忠彦(岐阜女子大学)

■著者:三宅茜巳 他9名(岐阜女子大学)

■判型:B5判

■総頁:本文172頁 口絵29頁 資料14頁

■定価:1,800円(税込)

■発行:特定非営利活動法人日本アーカイブ協会

■お問合せ先:特定非営利活動法人日本アーカイブ協会(http://npo-nak.com

※購入のお申込み用紙ダウンロードはこちらから。

※販売価格 1,500円(送料2冊まで360円)



デジタルアーカイブin岐阜 開催のお知らせ

■『デジタルアーカイブin岐阜』

公文書館や博物館、美術館などで、収蔵物のデジタルアーカイブが構築されることが多くなり、また地域の文化・芸術、産業、自然のデジタルアーカイブ化もすすめられています。
一方、図鑑や地域の歴史探訪ガイド、自然観察ガイド、修学旅行用観光ガイドなどデジタルアーカイブによる学習コンテンツの提供もはじまりました。日本デジタル・アーキビスト資格認定機構では、文化を継承し発展させる可能性を有するデジタルアーカイブについて広く理解していただくことを目的とし、デジタルアーカイブの新しい展開を見据えて、「デジタルアーカイブ in 岐阜」を開催します。

■日時:平成26年2月11日(火・祝)10時~16時40分(受付 9時30分)

■場所:岐阜女子大学 文化情報研究センター

※詳しくはこちらからご覧ください