Digital Archivist   デジタル・アーキビスト資格

http://jdaa.jp/

資格の種類と特徴

日本デジタル・アーキビスト資格認定機構は、デジタル・アーキビストの資格を次の4種類に規定し、それぞれの資格に応じてその有する能力を次のように定めています。

上級デジタル・アーキビスト

デジタルアーカイブの計画および開発能力のある者

デジタル・アーキビストとしての能力を持つとともに、さらに文化情報の構成(データベースの記録項目も含め)、説明、カテゴリー、索引語(シソーラス)などの、メタデータの基礎資料の作成及び計画から利用までの指導ができる高度な専門性をもつ人材。

デジタル・アーキビスト

デジタルアーカイブ制作能力のある者

文化資料・活動の文化的な理解・評価ができ、記録、データベース構成、管理、流通などの計画、実施、情報活用を行うとき、知的財産権(著作権含め)、プライバシー、情報管理、索引語、情報メディア処理等にしたがい、入力からアプリケーションまで責任を持って対処できる専門性をもつ人材。

準デジタル・アーキビスト

基礎的なデジタルアーカイブ制作能力のある者

博物館・図書館・市町村やメディア関連の商店・企業で、各種の情報、特にデジタル・アーカイブズの流通や利用が進みだしている。これらに係る情報の記録・管理や必要な情報を取り出すことができ、知的財産処理の能力をもち、情報提供等に責任をもって対処できる人材。

デジタルアーカイブクリエータ

デジタルアーカイブ作成の基礎的な能力のある者

地域の文化活動、サークルなどでの文化情報収集や文化創造活動において、情報の収集・登録・保存・管理・流通等の基本的な知識をもち、撮影・記録の作業をおこなえる人材。